論理思考とBtoBマーケ/営業研修講師 海老原一司のBlog

論理思考とBtoBマーケ研修講師 海老原一司のBlog

【書評(論理思考)】『誤解学』論理思考力を鍛える本

■「誤解学」読了。論理思考でわかりやすい文章を書くのに役立つ


「渋滞学」で一部で有名な東大教授西成さんの本。
彼は、完全な理系。工学系の学者なわけですが、「誤解」というどう考えても文系っぽい話題を理系の切り口で扱っているのが面白いところ。

●科学者が、言語学について論理的に研究するとこうなるのかという本


具体的には、科学者っぽく、誤解のメカニズムを(渋滞学で鍛えた)モデリング手法で分析を試みている。

 

●誤解を防ぐには、「省略は少なく、無駄は省く」


主論点ではないのだが、一番印象に残ったのは「誤解が生じる原因で最大なのは『省略』にある」ということ。
最近ロジカルシンキング講座で、文章添削しまくっている身としては、かなり刺さったので、テキストに1スライド追加しました。

論理的文章のコツ:誤解を防ぐための省略と無駄の違い


・文章では、省略は減らす、無駄は削る。
・削っても情報量が変わらないのは無駄。情報量が減るのは省略。

 

『誤解学』紹介

 

誤解学 (新潮選書)

誤解学 (新潮選書)